続々 急な胃腸障害・弁証論治トレーニング㉓

これも急性、一過性のものが多い胃の病証です。胃の症状と熱証が現れる実証です。 今回は「夏に多い…」ではありませんが、よくある胃の病証としてご紹介します。 症例㉓・・・胃熱証(いねつしょう) 16才・男性、予備校の強化合宿 […]

続 夏に多い急な胃腸障害・弁証論治トレーニング㉒

冷たいものや生ものの食べ過ぎ、寒邪が直接侵入すると、急性の胃の症状が現れることがあります。 脾胃の病証では多くの場合、臨床では脾と胃のどちらの症状も見られることが多いです。 脾胃は協力して飲食物を受け入れ、身体に必要なも […]

夏に多い急な胃腸障害・弁証論治トレーニング㉑

  こんにちは! 久しぶりの弁証論治トレーニングは、脾の病証からです。 それではさっそくやってみましょう~。 症例㉑ 診察日6月30日、21歳男性。 仲間4人と一緒に10日間ほどキャンプをして楽しく過ごしたが、 […]

薬膳的今日のおかず・・・が紹介されましたョ!

こんにちは。 梅雨に入ってからも、あんまり雨が降らないな~と感じていますが、みなさんお住いのエリアではどうでしょうか? 梅雨の終盤は豪雨になることが多く、毎年どこかで被害が出ますから心配ですね。   &nbsp […]

まだ続く「梅雨は脾」やさしく解説・中医学からみた梅雨の体調

梅雨の外因邪気を湿邪といいます。 「春は肝」で六気についてお話ししましたが、季節変化とその特徴は私たちの体にさまざまな影響を与えて機能を亢進させたり、あるいはうまく適応できないと体調不良や病気の原因ともなります。 梅雨は […]

続々「梅雨は脾」やさしく解説・中医学からみた脾の働き

脾の働き 2.脾は統血を司る(ひは とうけつをつかさどる) 統は、統率する統べるという意味です。 脾気とは脾の働きを表すときと、脾の気を表す時がありますが、いずれも血を統率して血流となって運行し、血が血管(脈管)から漏れ […]

続「梅雨は脾」やさしく解説・中医学からみた脾の働き

脾は五行の土に属し、長夏(梅雨)に通じる。 後天の本である。   脾の生理機能 1.脾は運化を司る(ひは うんかをつかさどる)   運化とは、消化や変化させて運んでいく意味 ⇒ すなわち脾の運化を司る […]

「梅雨は脾」やさしく解説・中医学から見た五臓の働き

中国では、二十四節気の大暑・立秋・処暑・白露の4つの節気の間を「長夏」(ちょうか)といいます。 これは黄河流域では最も暑くて雨が多く、農作物が成長する時期で、旧暦の6月末~7月末に当たります。 一方、長江の中・下流では5 […]

久しぶりの投稿です☻

こんにちは! 春は肝の養生を…をある程度投稿し終わったら、すっかり安心してしまいました。気がつけば季節も初夏になりましたね。 沖縄はもう梅雨入り??ということで、梅雨の養生と脾についてまとめなければ!と少し焦り始めていま […]

中医学・薬膳学の歴史⑥ 宋の時代~近現代

宋の時代(960~1276年頃) この時代に国家により、医療行政機関と医学教育機関が設けられ、また国家薬局が設立されて薬物の仕入れと販売が国の専売となりました。 医学史上最初の官立の薬局が開設され、南宋の頃に「太平恵民局 […]