弁証論治トレーニング㉙ 大腸湿熱証


お久しぶりです!どうにも調子が悪くて記事の更新ができていません…でも、そろそろ来年の試験に向けて

おさらいをしなければいけませんね。

そこで今回は、ご一緒に授業を担当しておられるY先生にお願いしました。

とても詳しく分析をしてくださっていますので、みなさまの勉強に役立ててくださいネ!

StockSnap / Pixabay

大腸湿熱証㉙

夏の食中毒や急性胃腸炎、疫痢など湿熱の邪気が大腸に侵入し引きおこす、下痢を中心とする症候群です。

 

主な症状

腹痛、激しい下痢、便やおならが悪臭、排便してもすっきりしない、腹脹、肛門の灼熱感、のどが渇く、

尿赤短、舌紅苔黄膩、脈濡数または滑数など。

 

症状の分析

腹痛・腹脹 → 湿と熱の邪気が合わさると、熱邪の急迫性と湿邪の粘滞性で気機が乱れ阻滞され、大腸の気機が滞ると小腹部に強い腹痛や腹脹が引きおこされます。

 

激しい下痢 → 湿熱により大腸の「伝導を司る」機能が働かなくなると、津液や再吸収できない水分が下へ迫られて、突然の激しい下痢となります。(湿熱下注といいます)

このとき湿邪の粘滞性や重濁性により、糟粕と水分の清濁を分けることができず、便は汚く黄色い泥状で悪臭になります。

また湿邪の粘滞性・重濁性により、排便してもすっきりせず(裏急後重といいます)、肛門に下墜感があるほか、熱邪を伴うため排便時に肛門に灼熱感が感じられます。

強い湿熱の邪気が腸内に停滞し経絡を傷めると、便に膿血が混じることもあります。

 

のどの渇き・尿赤短 → 湿熱の邪気が気機を阻滞し、津液の分散を阻滞する、外迫する、などで津液が消耗されるためです。

熱邪により発熱もみられますが、湿邪の粘滞性により熱が内蘊すると、いっそう高熱になります。

 

舌紅苔黄膩 → 舌が紅く舌苔が黄色みを帯びるのは熱証を表す舌象で、とはネバネバした感じを表し、湿の停滞があるとわかります。

 

脈濡数・滑数 → 数は熱証の脈で、濡・滑はどちらも湿の停滞を表します。

 

弁証・・・大腸湿熱証 または 腸道湿熱証

 

立法・・・清熱解毒と燥湿止痢、 または 清熱利湿止痢など

 

方剤・・・白頭翁湯 、葛根黄芩黄連湯 など

白頭翁湯にも配伍されている黄連黄芩は、中薬の抗生剤です。

同じく抗生剤の黄柏ともに、みんな黄色がつくので覚えやすいと感じたことを思い出します。

「良薬は口に苦し」といいますが、どれも苦いので、薬膳料理には向きません。

Beeki / Pixabay

薬膳には、馬歯莧や蒲公英などを煎じてよく使うようです。

 

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL