カゼのシーズン到来、肺の実証から弁トレ㉖


秋の気配が深まり、空気が乾燥して冷えてきましたね。

今回は肺の実証の中から、寒い時期のカゼとしてよく見られる「風寒束肺証」㉖です。

 

風寒束肺証㉖

これは主に晩秋から早春までの寒い時期に、風邪・寒邪が侵入して現れる肺の症候群です。

だから [風寒] で、風寒の邪気が肺の「気と呼吸を司る」働きと、「宣発と粛降を司る」働きを犯すことで引きおこされます。(束はくくる、束ねる…の意味)

風寒犯肺証でもいいのですが、伝統的に束肺証と表現されます。


症状の分析

咳がひどい、痰が白っぽくて薄い、悪寒、発熱、無汗、水のような鼻水、鼻づまり、口渇がない、または口渇があっても温かいものを少し欲しがる、頭痛、咽喉痒痛、四肢関節がだるく痛む、舌質淡苔白、脈浮緊など。

 

咳がひどい、鼻閉・鼻水、咽喉痒痛、 →

風寒の邪気が肺の「宣発と粛降を司る」働きを失調させ肺気不宣となるためです。

「肺は鼻に開竅する」こと、気道は「肺は呼吸を司る」ための大きな通路であること、「肺は皮毛を司る」こと、「肺は一身の気を司る」働きで体表に衛気を巡らせていること…、これらは人体が外邪に襲われるとき、肺が真っ先にその影響を受けることを表しています。

風寒邪気による咳嗽は、咳嗽声重(低く濁って重く大きい)といわれます。

 

咽喉痒痛 → 喉の気道は、鼻と肺ともつながります。

風邪の特徴症状として、痒みがあります。

 

痰が薄く白っぽい → 肺の「宣発と粛降を司る」働きが失調すると、通条水道の働きも低下するため津液の分散ができず痰を形成しやすくなります。

 

悪寒・発熱・無汗・頭痛・咽喉痛・四肢関節のだるい痛み →

六淫邪気のうち、風邪は軽揚開泄の性質で腠理を開かせようとし、一方で正気(体表を巡る衛気)は外邪の侵入をガードしようと肌表で正邪の抗争がおこり、さまざまな症状を引き起こします→ 表証といいます。

表証の最も特徴的な症状は悪寒・発熱・浮脈で、正邪の争いが体表で行われるため営衛気血の機能が失調して引きおこされます。

外邪の侵入を受けて正邪が抗争し、衛気が鬱滞して悪寒が強くなり、腠理も一過性に鬱閉して無汗になります(風寒によることが多い)。

風寒の邪気では熱よりも悪寒が、風熱の邪気では、悪寒よりも熱の方が強くなる特徴があります。

寒邪の収引・凝滞の性質で気血の流れが悪くなるので頭痛・咽喉痛・四肢関節痛など「痛」の症状が現れやすくなります。

浮脈は、体表で正気が抗争するために、気血が外に向かうことで現れます。

 

口渇ない・口渇しても温かいものを少し欲する  寒邪は陰邪ですから、口渇はあまりありません。

舌苔白 →うっすらと苔の下に舌体がみえる薄白や、苔白、いずれも舌質が正常なら表証や寒証が疑われます。

 

弁証・・・風寒束肺証

立法・・・辛温解表・宣肺止咳、 宣肺散寒 など。

方剤・・・三拗湯、杏蘇散 など。

 


肺の実証は、まとめて「外邪犯肺証」と呼び、四季のカゼひきを含めてたくさんあります。

肺は、乾燥や寒さを嫌うデリケートな臓で、「嬌臓」(きょうぞう)とも呼ばれるんですよ。

次回は弁トレ㉗「寒邪客肺証」です。

よく似た症状の証ですから、違いに注意してみましょう。

 

お付き合いいただきありがとうございました。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL