まだ続く「梅雨は脾」やさしく解説・中医学からみた梅雨の体調


rschaller98 / Pixabay

梅雨の外因邪気を湿邪といいます。

「春は肝」で六気についてお話ししましたが、季節変化とその特徴は私たちの体にさまざまな影響を与えて機能を亢進させたり、あるいはうまく適応できないと体調不良や病気の原因ともなります。

梅雨はどうして湿・脾に通じる…なのか?

通じるとは、文字通り通じるのほか、共通点がある、影響を受けるなどの意味があります。

 

梅雨は(長夏)は湿

湿は梅雨の主節気です。

季節特徴である湿が、通常の健康状態では対応できないほど過剰であったり、臓腑機能が低下していて適応できなかったりで体調不良や病気の原因となるとき、湿は「湿邪」と呼び名が変わります。(外湿ともいいます)

 

湿邪の特徴と症状

湿は陰邪で、陽気を傷め、気機(気の流れ)を阻滞させやすい性質があります。

中医学では、万物を陰か陽のどちらかに分類してその性質を説明することがよくあります。(すべてのものは、陰陽どちらの要素も内包しているからこそ存在しうる…とも陰陽学説では学びます)

自然界の六淫邪気もそれぞれ陰陽に分類されていますが、湿邪と冬の邪気である寒邪はどちらも陰邪で、陽気を傷めます。

この湿邪は、寒邪ほど強く陽気を傷めるのではありませんが、水道水と氷の違いぐらい…とイメージするとわかりやすいですね。

気は陽気ともいい、身体や臓腑を温め機能を促進する役割があります。

陽の性質を持つ気は、陰の性質を持つ邪気に阻滞させられやすいので、冷えやめまい、胸や腹部の痞え、食欲不振などが現れやすくなります。

 

lapelusodesigns / Pixabay

重濁性があります。

重濁性とは、水分が多く重く濁った感じで、重い感じや濁った汚い感じの症状が現れます。

頭や体が重く感じたり、尿の混濁や下痢、帯下(おりもの)、湿疹、目やになど分泌物の汚い感じの多くは湿が関わります。

また、症状が重くなる原因ともなります。

 

粘滞性があります。

jackmac34 / Pixabay

湿邪の影響で水液代謝が低下すると、水液が淀みだんだん粘度が強くなってくるイメージです。

排便後の便意、皮膚病の分泌物などがすっきりしない感じや、症状が長引いたり慢性化しやすくなります。

関節痛やアトピーなどの治りが悪いケースでは、湿が疑われることが多いです。

 

下降し、下半身に症状が出やすい性質があります。

湿は水の性質を持ちますから、下へ降りていく特徴があります。

足や下半身のむくみ、尿や便、帯下、水虫などの症状が多く現れます。

 

脾を傷めやすい性質があります。

脾は飲食物の消化吸収に関わり、気・血・津液・精を作る原料となる水穀精微を生成します。

常に、水分が多く濃厚な食糜(しょくび)を処理して津液を送り出し、大腸・腎から回収した津液も転送する…というように、大忙しで働く脾は、意外にも温かく乾いた環境を好み、喜燥悪湿(きそうおしつ)の性質といわれます。

過剰な湿で脾の働きに負担がかかると、「脾の運化を司る」という上記のような働きは低下し、身体の中に湿を生じさせ停滞させる→さらに脾の機能が低下する→いっそう外湿の影響を受けやすくなる…といった悪循環になりやすいのです。

 

体内から発生する湿邪・「内湿」(ないしつ)というものがあります。

身体内部の臓腑機能の失調や、虚衰、などが原因で湿が生じ、湿邪のような症状が現れます。

多くは脾の運化作用や、腎の気化作用が低下して体内に余分な水分が溜る病的変化で、どちらも気虚や陽虚が関わることが多いです。

むくみや腹脹、身体の重さやだるさ、食欲不振や吐き気、尿少や下痢などの症状がみられます。


 

春に目覚めた身体は、初夏から夏に向かって気温が上がるにつれ代謝も高まり活動的になってきますね。

脾は働きを盛んにして、どんどん営養物質を作り身体を支えます。

ですが蒸し暑い梅雨の気候や、冷たいもの、生ものを食べる機会が増えるシーズンは、脾にとっては大変な時期でもあるのです。

私たち日本人の多くは、特に女性には湿が溜りがちだといわれています。

la-fontaine / Pixabay

梅雨や高温多湿な夏があるという気候風土や、周りを水(海)に囲まれている国土、生ものや甘いものをよく食べる、美食であるといった食生活などは脾に負担をかけがちです。

 

また湿の停滞は、痰湿(たんしつ)という病理産物を生じやすく、さまざまな不調をひきおこしやすくなります。

このような水様性のものは体液に影響しやすく、同じく体液である血が関わる病証と違って、気によって全身どこにでも運ばれ停滞しやすい性質があり、一見関係がなさそうな症状にも実は関わっていることが多く、原因不明の症状や、治りにくい症状の場合も多くあります。

梅雨はもちろん、一年を通して脾の養生としてまずできることは飲食の節制です。

肥甘厚味(ひかんこうみ・脂っこいもの、甘いもの、味付けの濃いもの)を控え、生ものや冷たいものを控え、お酒やたばこを控え、温かく薄味で、消化の良いものを腹八分目にいただく…よーくわかっているけれど…大切なことですネ!

 

梅雨と湿邪、脾の働きについては以上です。

次回は梅雨の簡単な薬膳か…久々に弁証論治トレーニングか? 考え中です。

お付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL