続々「梅雨は脾」やさしく解説・中医学からみた脾の働き


StormmillaGirl / Pixabay

脾の働き

2.脾は統血を司る(ひは とうけつをつかさどる)

統は、統率する統べるという意味です。

脾気とは脾の働きを表すときと、脾の気を表す時がありますが、いずれも血を統率して血流となって運行し、血が血管(脈管)から漏れ出ることを防いでいます。脾主統血と表現することもあります。

血液の運行には主に3つの臓が関わります。

心 → ポンプの役割をして、血を押し出す。

脾 → 血を統率して運ぶ。

肝 → 安静時には血を貯蔵し、活動時には各臓器に供給する。  という関係性です。

 

また、血管の外側に当たる筋肉(平滑筋)は脾が司る領域。

血管の内側で働く血管への圧力(血圧)は心の司る領域。   ともいえます。

 

一般的に女性は、男性より気の力や量が少ないと考えられ、青アザが出やすいといわれます。気の統血する力が弱いということが原因なことがあるのです。

不正出血(生理でないときに性器から出血がみられる)もよく見られる症状ですが、治療にはホルモン療法が適用されることが多いのですが、それが嫌な人には中医学の診断により、脾からアプローチして(補脾益気など)治療することがあります。

気は、全身をめぐるエネルギー物質であるとともに、各臓腑にあって機能を促進する働きもしています。脾気は統血のほか内臓の位置が下がらないように保つ働きもしているんですよ。

 

3.脾は四肢と筋肉を司る

scottwebb / Pixabay

 

脾は、飲食物を消化吸収して水穀精微を作り、気・血・津液・精を生成し全身を営養しています。

なかでも大きな運動器官である四肢(手足)と筋肉の充実に関わりますので、脾気が虚弱になると筋肉が痩せて元気に動くことができなくなります。

 

 

 

4.華は唇に現れる

華とは健康な色つやのことです。

足陽明胃経(あしようめいいけい)という経絡が、口の周囲を通っているため、唇の色つやから脾胃の健康状態がわかります。

 

5.脾は口に通じる

脾は口に開竅(かいきょう)するともいいますが、口は脾胃に通じる飲食物の入り口です。

脾胃が健康ならば食べ物はおいしく感じ、食欲もあるものです。

 

6.脾の液体は涎(よだれ)

涎は口に分泌される津液で、薄いものを、濃いものを(つば)としています。涎は口腔を潤し、消化を促進します。

脾胃の消化機能がまだ未熟な子供や、消化機能が虚衰した老人は、よく口から涎が漏れることがあります。

ちなみに、涎は口中の前の方から分泌され、食べたい…と思うときに出ますが、唾は奥の方から分泌されています。強く驚いたり恐れたりすると、口がカラカラに乾いて声も出なくなりますね?唾は腎の液なのです。

驚きや恐れは腎に通じる感情とされ、強すぎると腎気を傷め唾が正常に分泌されなくなってしまいます。不思議ですね!

 

7.脾の情志は思(おもう、おもいこむ)・憂(うれう)

geralt / Pixabay

思い込むことや憂いの感情が長く続くと、気が滞り結ぼれたように固まってしまいます。いつも思いがグルグルと堂々巡りするような…。

すると脾気が滞り、運化や昇清作用が低下してしまい食欲不振などを引きおこします。

 

脾の生理機能については以上です、次回は梅雨の体調についてです。

お付き合いいただきありがとうございました。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL