続「梅雨は脾」やさしく解説・中医学からみた脾の働き


shell_ghostcage / Pixabay

脾は五行の土に属し、長夏(梅雨)に通じる。

後天の本である。


 

脾の生理機能

1.脾は運化を司る(ひは うんかをつかさどる)

 

運化とは、消化や変化させて運んでいく意味 ⇒ すなわち脾の運化を司る働きによって、食物を消化吸収し、全身に営養を送り、水の代謝を調節しています。

脾は運化を…のように、五臓それぞれに「〇〇は△△を司る」という表現がありますが、これはぜひ覚えましょう!ではさっそく運化の作用について見てみましょう。

 

①飲食物を消化吸収し、水穀精微(すいこくせいび)を生成します。

水穀精微は、飲食物が胃から小腸に送られ、小腸の泌清別濁(ひせいべつだく)という働きで、体に有用な良い栄養とそうでないものに分けられ、良い栄養が脾に送られて生成される精微物質です。(精気、精華、水穀の気、穀気ともいう)水分を多く含んだ液体状の営養物質です。

この水穀精微をもとに、気・血・津液・精は生成されて全身に送り出され、五臓六腑や体の組織、神志までもが営養されます。

脾は、生まれてくるときに生命力や元気の源である「精」を蓄えている腎を先天の本(せんてんのもと)と呼ぶのに対して、生誕後に生涯にわたり全身を営養し続けることから後天の本(こうてんのもと)と呼ばれます。

 

②水液の代謝を調節します。

胃と小腸の消化吸収作用で生成される津液(体のよい水分)や、大腸と腎から回収した津液を肺に転送し、全身に送り出します。

脾の運化を司る働きが低下し、水液代謝の機能が低下すると、処理しきれない水液がたとえば大腸に流れ込むと下痢になり、皮膚に流れ込むとむくみを生じたりします。

 

③昇清作用

脾の働き(脾気)により、水穀精微を肺・心・脳など高い位置にある臓腑に送り届けています。

昇清の清は、良い栄養で清らかのイメージです(濁は湿なイメージ)。送られた水穀精微で、肺では宗気が作られ、心では心火の作用で血が作られ、脳が営養されます。

脾気は、その作用の方向が昇(上へ・上る)であることが正常とされています。昇清作用は内臓の位置を固定し、臓器の位置が下がらないように保つ役割もあるのです。

脾気の作用の方向が上昇である一方、胃気(胃の働き)の作用の方向は下降が正常とされています。

脾と胃は体の中心にあって、互いに協力して気の上下運行を担い、全身の気の巡りにも重要な役割を果たしています。この脾・胃の気の働きを合わせて中気(ちゅうき)といいます。

 

このように脾は、水穀精微の生成や水の代謝にかかわる「運化を司る」臓です。

運化を司る働きが低下すると、脾が処理しきれない飲食物や水液は使われずに淀み、湿濁なものとなって脾に停滞してしまいます。するとますます脾の働きは低下して…と悪循環になりやすいのですね。

脾は温かく、乾いた環境でよく働く臓です。これを喜燥悪湿(きそうおしつ)、乾燥を好み湿気を嫌う性質といいます。

一方、脾と経絡を通じて表裏の関係にある胃は喜潤悪燥(きじゅんおそう)、潤っていることを好み乾燥を嫌う腑といわれます。

 

OpenClipart-Vectors / Pixabay

食物から栄養を作り供給する重要な臓である脾は、一年を通じて養生を心がけますが、湿度が高くなると湿邪を感受しやすくなるとともに、気温の上昇により冷たいものや生ものを多く食べて脾に負担がかかりやすくなりますから一層の注意が必要です。

 

次回も、脾の生理機能についてです。

お付き合いいただきありがとうございました。

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL