アイスの食べ過ぎ?お腹が痛い!弁証論治トレーニング⑩


Romi / Pixabay

デザートバイキング気分上がりますよね♡アイスクリームやケーキ…たくさん食べ過ぎて、後でお腹が痛くなったことありませんか?その症状なんていう病症でしたっけ?

薬膳師・中医師資格試験の必修!弁証論治

今日も一緒にがんばりましょう(^-^)


症例⑩

21才・女性、診察日7月5日。友人とデザートバイキングに行き、アイスクリームやケーキをたくさん食べた翌日に受診。お腹が冷えて痛む、水っぽい下痢臭いは少ない、腸がゴロゴロ鳴る、食欲がなく胃が痞える感じがする、ときどき吐き気がする、昨夜は少し悪寒と頭痛があったが今朝はない、舌質淡、舌苔薄白、脈濡緩。

 

症状の分析

7月5日→夏の初め、暑と湿の邪気が影響しやすい季節。症状からは、暑邪の影響はうかがえない。湿は、梅雨に続く時期でもあり影響があるかもしれない。あるいは、飲食店などでは冷房を使っている時期であり、その影響も考えられる。

アイスやケーキを過食→寒邪や湿邪で脾胃を傷めた疑いがある。甘いものの過食は湿を停滞させ、脾を傷めやすい。

脘腹部の冷痛→脾胃に寒邪が停滞している疑い

水様性下痢臭いが少ない→外邪を受けたばかりの急性の下痢。水様性下痢は、寒邪・陽虚の疑いもある。

腸鳴→寒湿の邪気で、腸の気の流れが阻滞されていることが疑われる。

食欲不振→脾の運化を司る働きが失調している疑いがある。

胃の痞え、吐き気→寒湿の邪気で胃気の流れが阻滞されている疑いがある。吐き気は胃気が正常に降りず上逆するため。

昨夜は悪寒と頭痛→風寒湿の邪気で表証が現れていたものと思われるが、現在は風邪は解消していると思われる。

舌質淡・舌苔薄白→舌質が淡で、寒邪の影響があると思われる。寒証、陽虚証、気血両虚証などに見られるが、症状から寒証によるものと考えられる。舌苔は正常で、病症の程度は重くないと思われる。

脈濡緩→濡は虚証や湿証。緩は湿証や脾胃虚弱にみられる脈象。

 

弁証

寒湿困脾証、寒湿下痢症、外感寒湿証、湿困脾陽証、寒湿中阻証など

冷たいものや生もの、甘いものの過食による寒と湿の邪気により、脾の機能が失調(脾の運化を司る働き)することでひきおこされる病証です。症例にはありませんが以下のような症状も書かれていることがあります。参考にしてください。

・体が重い、むくみ→脾の運化を司る働きが低下し、湿が停滞している。湿邪の重濁性の特徴で体が重い。

・顔色が萎黄→脾の運化を司る働きが失調し、営養されないため。

・目と皮膚が暗い黄色→胆の疏泄が失調すると、胆汁が正常に流れなくなるため、慢性の黄疸のような色になることがある。

・尿少→脾の運化失調による水の代謝低下や湿の停滞による影響。

・舌胖大苔白膩→痰湿の停滞。

 

立法

温脾散寒祛湿芳香化湿と散寒解表 など

脾を温めて寒邪と湿邪を取り除きます。芳香の強い食薬は温燥の作用があるものが多く、解表類では辛温のものを使い寒湿を取り除きます。

 

方剤

藿香正気散(かっこうしょうきさん)など

梅雨から夏の、胃腸系の風邪によく使われる方剤です。生ものや冷たいものを食べ過ぎて急に腹痛と下痢をおこすときも使います。勝湿顆粒という名で売られていることもあります。

 

よく使う食薬

芳香化湿類・・・サクランボ、うど、藿香、佩蘭(フジバカマ)、砂仁、白頭蔲、草頭蔲など。強い芳香で気の巡りをよくし、温性・辛味によって湿をとばし、脾の働きを促進し食欲を誘います。

苦温燥湿類・・・陳皮、枳殻、みかんの皮、ウドなど。

辛温解表類・・・生姜、ネギ、紫蘇、香菜(シャンツァイ)、茗荷など。

利水滲湿類・・・トウモロコシ、ハトムギ、小豆、空豆、冬瓜、金針菜、茯苓など。利尿によって余分な湿を取り除きます。寒湿に対するときは、寒涼性のものではなくなるべく平性のものから選ぶようにします。

温裏類・・・ニラ、唐辛子、胡椒、山椒、肉桂、乾姜、丁字、小茴香など。冷えの症状が強いときには、温める力が強いものを組み合わせます。

補益脾胃のもの(主に補気類)・・・米、芋類、カボチャ、インゲン、キャベツ、干し椎茸、鶏肉、牛肉、タラ、いしもち、スズキ、イワシ、大棗、など。


弁証施膳

陳皮と生姜のお粥

米80g、陳皮3g、生姜薄切り5枚、水

米を洗い、米の10倍の水、陳皮、生姜をあわせて粥に炊く。

ポイント

一時的な急性の下痢ですから、営養をつけることを考えるよりも、お腹を温めて湿を取り除く作用のあるものをまず摂るべきです。食欲不振、吐き気があるので、しっかりと食べる感じのものより薄いお粥やスープ、お茶などが食べやすく、下痢で失われる水分の補給も同時にできます。

薬膳レシピでご紹介しているお粥からは生姜とネギのお粥茗荷と紫蘇のお粥もお勧めできます。ご参考になさってください。

→ 食べる風邪薬?受験生にもおばあちゃんにも、おすすめ薬膳粥5

 

次回も、弁証論治トレーニングです。どんどん慣れてきますョ!

お付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL