貧血さんに、コクまろ美味しい!スペアリブとピーナッツのスープ


dscn0582

ふだんから貧血気味の 若いお母さんからのリクエストで、簡単な煮込みレシピを考えました。

髪や肌の乾燥も気になる…とのことでしたので養血・養陰潤燥する食材の組み合わせです。

血・津液(体のよい水分、体液)はどちらも陰に属しています。


スペアリブとピーナッツのスープ(4人分)

スペアリブ400g(あらかじめ3~4センチに切ってもらうとよい)、ピーナッツ(素焼き)120g、   無調整豆乳1カップ、白みそ大さじ3~4、塩と酒 各少々、小松菜 適宜、水6カップ。

作り方

①スペアリブに、たっぷりかぶるほどの熱湯を回しかけてアクを抜き、水で洗う。

②ピーナッツは薄皮を取る。(生の場合は1晩水に漬けてアク抜きし、水洗いする)

③鍋に水、スペアリブ、ピーナッツを入れて火にかけ、煮立ったらアクを              取dscn0580り、弱火でふたをして約1時間煮込む。最初のうちに何度かアクを取って おけば、後は放っておいてよい。この間に味付けすると肉が固くなるので  注意。

④豆乳を入れてから、酒、塩、味噌で味を調え、ひと煮立ちさせる。青みに ゆでた小松菜をあしらう。

ポイント

スペアリブを、最初にひと手間かけてきれいにすると、臭みがなくおいしく食べられます。

脂が嫌な方は、③の後に粗熱を取り冷蔵庫で少し冷やすと、表面に脂が浮いて固まるので取り除き   ましょう。

白みそを使うとまろやかさが出ますが、好みの味噌でもだいじょうぶですョ。塩加減に注意してくだ  さい。


食薬の効能

スペアリブ・・滋陰潤燥、養血補虚、通乳

ピーナッツ・・補血止血、補脾潤肺

豆 乳・・・・補虚養血、潤肺化痰平喘、利尿通便

小松菜・・・・養陰潤燥

 

体を温めたり冷やしたりしない平性のものでできています。血虚は陰液の不足ですから、辛温や体を熱くする食薬を使っては消耗させてしまいます。味噌は涼性で鹹味を持ち、適量で血虚の滋養に働きます。

養血類には、身近なものにホウレンソウがありますが、シュウ酸の作用で吸収が悪くなるため豆乳とは 合わせません。同じ養血類でもニンジンならいいでしょう。

この組み合わせは、通乳といって母乳分泌不足の改善にも働きます。産後のお母さんは、出産や授乳で 特に血を消耗しがちですし、育児のストレスはさらに消耗をすすめます。

いろいろな薬を飲めない時期ですから、食事で補い調えていけるといいですね!

 

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL