酸っぱい、辛い、味の作用って不思議…陰陽五行で、自然・人・食を学ぶ④


陰陽五行については今回で一旦終了です。五行と五臓の関わりについて学びましたが、味についての関係性も興味深いものがあります。

LubosHouska / Pixabay

ここでいう味とは「五味」のことで、酸・苦・甘・辛・鹹の5つの味を指していますこれに淡味を加え、実際には六味となり五臓のそれぞれと深く関わります。

 

五味の作用とは

酸味・・・収斂、固渋の作用がある。たとえば梅、ザクロ、五味子。酸味のほかに渋味も同様の作用を持つ。多汗、下痢、頻尿を改善する。

 

苦味・・・瀉下、燥湿、清熱解熱、通便の作用がある。たとえば苦瓜、萵苣。熱を冷まし、便通をよくし、胃もたれを改善し、食欲を促す。

 

甘味・・・補益、和中、緩急の作用がある。たとえばハチミツ、穀類、果物。虚弱を補い、疲れを改善し、痛みを和らげる。

 

辛味・・・発散、行気、活血、滋養の作用がある。たとえば唐辛子、生姜、ネギ。体を温め、気血の巡りをよくし、痛みを止める。

 

鹹味・・・軟堅、散結、瀉下の作用がある。たとえば昆布、塩、エビ。血虚や便秘を改善する、利尿する、固まりを和らげる。

 

淡味・・・滲湿、健脾、開竅の作用がある。たとえば冬瓜、ハトムギ、トウモロコシ。むくみや小便不利、下痢、腹部の痞える症状を改善する。

 

 

 

食材や中薬はすべてこの六味のどれかに分類されますが、食薬が実際に持っている味だけではなく、使ってから現れる効果によって分類されるものもあるので、調べてから使うことが大切です。家庭でも使いやすい食薬をまとめたものに「薬膳素材辞典」辰巳洋主編・源草社がありおすすめできます。


六味と五臓の関係

食薬は性味によって入る五臓が違います。(性は体を冷やす・温めるの性質です)

入経する、または帰経すると表現し、五臓それぞれ関わる経絡に作用しやすい、効能を届けやすいという意味合いです。

 

酸味・・・肝に帰経する。適量の酸味は肝を養うことができる、摂り過ぎはかえって肝を傷める。肝に関わる色は青。

 

苦味・・・心に帰経する。夏は疲れやすくなるので、苦瓜を食べて心の熱を取り養生することができるが、食べ過ぎは心気をかえって消耗してしまう。心に関わる色は赤。

 

甘味・・・甘味は穀類、芋類、肉魚など体を養うものの多くが持つ味で、脾を養い気血津液を作り出すもととなる。食べ過ぎは痰湿の停滞を招き、脾の働きをかえって悪くする。脾に関わる色は黄。

 

辛味・・・適量の辛味は肺気を高めて肺の働きをよくし、風邪の予防などによいが、食べ過ぎは体の陰を消耗させて、乾燥を嫌う肺をかえって傷める。肺に関わる色は白。

 

鹹味・・・適量の鹹味は腎を滋養するが、食べ過ぎると腎を傷める。腎に関わる色は黒。

 

淡味・・・脾と五臓に帰経する。淡い甘味を持ち作用が穏やかで、ほかの味とも組み合わせやすい。湿を取り脾胃の負担を軽くすることは、五臓の養生をするうえで重要なことである。特に関わる色はない。


Processed with MOLDIV
Processed with MOLDIV

食材を選ぶときに、五色を意識してバランスよく使うようにといわれますが、薬膳学ではそのように指導はしていません。ふだんの食事をバランスよく整えることは大事ですが、薬膳は弁証施膳されたものをいいます。つまり対象となる人の体質や症状に合わせて、予防や治療の目的に合ったものを提供することが大切だからです。

五味に応じた各色は、対応する五臓それぞれに病症が現れるときに見られる色、たとえば肌や顔色、舌の状態、尿や出血などの色の傾向としての表現でもあります。また後日にまとめたいと思います。

五味の食べ方によっては養生にもなり、臓を傷めることにもなるとお話ししましたが、臓を傷めた場合、五行関係では相剋に当たる臓にも悪い影響が出ることになります。未病を防ぐために、この味の五行の関係も活かしたいものです。

 

陰陽五行の過去記事は、下記をご覧ください♡

バランスが大事!陰陽五行で、自然・人・食を学ぶ①

 

http://saikoko.com/2016/10/12/陰陽五行で、自然・人・食を学ぶ②/

http://saikoko.com/2016/10/13/陰陽五行で、自然・人・食を学ぶ③/

この投稿へのコメント

  1. said on 2017年3月18日 at 7:59 PM

    甘味のところの、緩急とはどのような作用のことですか?

    • さいこ said on 2017年3月19日 at 10:41 AM

      こんにちは、はじめまして。ブログを見てくださり、ありがとうございます。
      緩急(かんきゅう)は、治療法の表現で緩急止痛ともいいます。
      「急」は急性の強い痛みのことで、慢性的な痛みではなく突然におきる筋肉の痙攣などの、
      各種の疼痛を緩めて和らげ止痛することです。
      緩急の作用を持つ食薬には甘味を持つものが多くあり、代表的な中薬に「甘草」があります。

      ですが、痛みは多くの病症に現れる症状です。
      痛みの原因や種類に合わせて治療法が変わるので、必ずしも緩急の作用を用いて治療するわけではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL